×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天市場への直送案内プロジェクト!!
アッタ? コレデスヨネ?


【芋焼酎】?ないな 25度 1800ml【超限定品】【明石酒造】【05P16mar10eagles】

希少!幻の芋焼酎 ないな ★芋とは思えないフルーテイな香り★川野杜氏の研究の中で誕生したのが、今日では明石酒造”幻の逸品”となった「?ないな」。米焼酎をブレンドすることで、芋とは思えないフルーテイな香りとまろやかな口当たり、そして飲みあきしない軽快な味わいを完成させました。デザインも瓶形がとてもお洒落なデザインとなっています。年間の生産本数が僅か数万本の超限定酒!「?ないな」。あっさりとした口当たりと、飲み飽きのしないまろやかな味わいが人気の芋焼酎で、地元九州ではプレミアム芋焼酎として、内外の評価が非常に高い逸品です。■飲んでみました♪いや?飲みやすいです!でも美味しいです♪コルクを抜くと、何とも言えないフルーティーな薫りが◎。確かに噂通り、「ライトな芋焼酎かも?」と思わせます。。。しかし!飲んでみると、良・い・意・味・で 裏切られました!口に含んでみると。。。スッと入っていく喉越しに、しばし、・・・、・・・、\(◎◎;)/飲み口はホントすばらしく、ゴイゴイ入っていってしまうほどです。でも軽すぎるのか?と言えば、そうではありません!最高の原料を使っているからでしょうか?上質で、しかも気品ある芋のほのかな甘みを感じとることができ、さらに米焼酎ブレンドによる、まろやかな甘さや優しいのみごこちを与えてくれます。まさに「なんだろう?=ないなの方言」と思えるような味わいですが、しっかりとした「芋焼酎」でもあるのです。。。   気が付いたら、一本空けてしまいそうなくらいの飲み口です!    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄おそらくは食中酒として、素晴らしいパフォーマンスを示してくれると思います。食事を邪魔することはないでしょう♪特に刺身・魚料理などには、フィットするのではないでしょうか?さすがに「プレミアム芋焼酎」の名にふさわしい味わいでした♪あまりにも旨くて、店長庄司、試飲と言いながらも、五号瓶をゴイゴイと半分近く開けちゃいました。\(^o^)/おいしい飲み方ロックストレート水割りお湯割り◎◎△○〔蔵 元〕明石酒造〔所在地〕宮崎県〔原材料〕芋 米 米麹〔度 数〕25度【楽天シニア市場】【05P21Jul09】 芋焼酎 ないな 25度 1800ml明石酒造,明月,ないな,月の女神,芋焼酎:本格焼酎の圧倒的な品揃えには自信があります!心まで酔う、うまい焼酎!明石酒造”?ないな” ■心まで酔う、うまい焼酎 創業は明治24年(1891)、宮崎県の宮崎県の九州山系と霧島山系に囲まれたえびの高原の麓で、創業者明石仁右衛門が焼酎の製造を始めた県内でも有数の老舗蔵。現在4代目として、明石秀人社長がその伝統を守っています。創業以来、大自然の恵みと創意工夫を積み重ね「心まで酔う、うまい焼酎」をモットーに、さらに造りに磨きをかけてきています。現在、平成7年に建てた新工場で、年間約6000石(一升瓶換算で60万本)程の製造量を誇り、芋を中心に麦・米焼酎の製造行っています。 ■看板酒「明月」とは? 主要銘柄の「明月」は、「人々のこころが満月のように、まあるく明るく円満に、そして平和に」との願いが込められています。宮崎えびの高原は、透きとおる青空と 火口湖と赤松とススキのコントラストが美しい高原です。その赤松にかかる満月を表しているのです。 ■焼酎の神様「金松法然」 宮崎県えびの市では、”不思議なお坊さん”の逸話が今でも残っています。俗称「焼酎法然」「金松さあ」の名で親しまれている「金松法然(安永6年(1778年)永眠)のことです。焼酎を供えて一事を願えば望みが叶うといわれ、霊験あらたかで御利益があり、全国各地から参拝客が絶えないといいます。9月の秋分の日には、大祭で地元は大いに賑わい、焼酎の神様「金松法然」を祭り立てるのです。この墓石に供える焼酎は、もちろん「明月」です。地元の人達の間では、「明月でなければ願い事はかなえられない。」と言われるほど、地域に溶け込んだ伝統ある商品なのです。 ■えびのは自然の宝箱! 宮崎県と鹿児島県の県境に連なる大小20余りからなる複合火山の総称「南九州の明峰、霧島連山」。昭和9年に我が国最初の国立公園の指定を受け、周辺一帯には霧島連山を源とする湧き水が豊富にあり、日本名水に名を連ねる水源があります。この霧島連山の中腹に位置する「えびの高原」では、今日でも清らかに澄んだ水辺に、全国でも有数のホタルの群生地があります。この豊富な水源と大自然を活かした環境を最大限活用しているのが「明石酒造」なのです。仕込水・割水はもちろん、あふれんばかりの「えびの高原の伏流水」を使用し、「明月の味」を力強く支えています。 ■甘藷へのこだわり 南九州のシラス台地で、太陽をいっぱいに浴びてデンプン質たっぷりに育った、焼酎造りに最良とされる甘藷『コガネセンガン』を原料としています。なかでも、でんぷん質の高い鹿児島県志布志地域にて栽培されている「黄金千貫」をほぼ100%使用しています。芋を一つ一つ手に取り、繊維部分と痛んだ部分を取り除く地道な作業を行い、”最良の芋”のみを原料として使用しています。 これに、宮崎県えびの高原原生林の伏流水にて仕込み醸造され、いも焼酎特有の芋臭さを抑えた、ほのかな香りとコクが程良い”明月のさけ”が誕生します。 ■明石杜氏のホープ「川野政文氏」 川野政文氏は、高校卒業後すぐに明石酒造に入社。入社後しばらく営業を任され、「明月」を一本一本を汗水垂らしながら売ったといいます。しかし今日ではその営業の経験をする中で培ったユーザーの意見をその焼酎造りに最大限活かし、「うまいさけ」を求めて、日夜試行錯誤を繰り返しながら、最高の焼酎造りに励んでいます。まだ杜氏になって今年で5年目にはなりますが、「明月の酒造りの全て」を体得しています。その伝統を守りながら、若い杜氏らしく「芋焼酎の良い香りを残しつつそのイメージを変えるような軽めの芋焼酎を創りたい!」と意気軒昂です。 ■幻の芋焼酎「?ないな」とは 川野杜氏の研究の中で誕生したのが、今日では明石酒造”幻の逸品”となった「?ないな」。米焼酎をブレンドすることで、芋とは思えないフルーテイな香りとまろやかな口当たり、そして飲みあきしない軽快な味わいを完成させました。デザインも瓶形がとてもお洒落なデザインとなっています。年間の生産本数が僅か3万本の超限定酒!「?ないな」。あっさりとした口当たりと、飲み飽きのしないまろやかな味わいが人気の芋焼酎で、地元九州では○伊蔵らと並ぶプレミアム芋焼酎として、内外の評価が非常に高い逸品です。 名門蔵”明石酒造”創業明治24年の宮崎県の九州山系と霧島山系に囲まれたえびの高原の麓で、明石仁右衛門が焼酎製造を始めた県内でも有数の老舗蔵。?ないなのもろみ旧薩摩の方言で“なんだろう?”という意味の言葉を冠した「?ないな」。米焼酎をブレンドした飲み口の良い軽快な芋焼酎です。食中酒にピッタリ!明月の芋焼酎たち明月の焼酎は、いも焼酎特有の芋臭さを抑えて仕上げてあり、ほのかな香りとコク、その旨さは抜群の定評があります。若手杜氏”川野政文氏”?ないなを造りだした若手実力派”川野政文氏”。「心まで酔う、うまい焼酎」の伝統を守り”新しいさけづくり”を目指します!

扱っているお店は、下町の焼酎屋 澤屋総本店 さんです.



他にもオススメがあるョ!!!
ー【お誕生日・ご出産祝】人気商品
料0517_kaimawari】
】残波(黒)30度 1800ml
口のカバ君プランター(D160)
【送料無料】【あす楽対応:関東】

楽天市場にあった!ステキプロダクツ!!

楽天ウェブサービスセンター

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。