×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天市場への直送案内プロジェクト!!
アッタ? コレデスヨネ?


古希や喜寿などの御祝などに贈る紫の一升瓶!職人が染め上げた紫瓶に純米酒の大吟醸、純金箔を加え送料無料!更に桐箱には記念日や生まれたの新聞を添える感動サプライズ!古希や喜寿など御祝の記念日のプレゼントに贈る究極の名入れ酒!純米酒の大吟醸【紫龍】オリジナル名入れ酒 1800ml【桐箱入り】【お誕生日新聞入り】【純金箔入り】【送料無料】

古希のお祝いや喜寿のプレゼントやお誕生日ギフトなど、特別な記念日や慶祝関係にたくさんご注文をいただいております名入れ酒(世界でひとつだけのオリジナル)です。 過去130余年からご希望の日付けの新聞コピーを添えて贈るのはこれ以上無い演出が可能となりました!桐箱を開けて、初めて見る自分が生まれた日の朝刊と、ご自身の名前が入ったお酒を見た方は感動する事間違い無しです! 古稀(古希)お祝い・喜寿お祝い、結婚式のお二人のお名前をお入れする・父の日、母の日のプレゼント・敬老の日のプレゼント・お酒好きの方への名入れボトルとしてプレゼント・大事な方への贈答・地鎮祭でのお清めのお酒等に最適だと思います。何よりも、蔵元が最高の技術の集大成として原料のひとつひとつから選定した究極の逸品です。 本桐箱入りで、更に純金箔が入っている為、豪華さも増しており、お酒の味も酒米の新潟産越淡麗を使用した純米の大吟醸ですので旨味も格別です! 1.8Lの容器も日本酒業界では初めて使用された紫の瓶を採用したそうです。 この商品の他の種類はこちら→   ・記念日新聞付きオリジナル名入れ酒      純米大吟醸 紫龍 オリジナル名入れラベル 一升瓶(1800ml)酒質は二年間の熟成を経た無濾過の芳醇旨口。飲み方として、どちらかと言うとやや冷やしてか、常温がお薦めです。氷を1?2個入れて飲みますと、低い温度で出て来る違う香気成分があり、また違った別の華やかな香味が味わえます。寒い日には、ぬる燗(40?41℃位)がお薦めです。お料理の味を数段上げてくれる最高級の純米酒です。特に艶やかに染め上げられた紫の瓶とメモリアル新聞のセットは古稀・喜寿祝いには最高だと思います。お酒には、ご希望の日時の新聞を添えてお届け致します。詳しくは上記の「新聞について」をご覧ください。また、直接当店からお相手にお届けするなど、名入れラベルを配送前に確認されたいお客様に対しまして、ラベル確認サービスもございます。(ご購入前の確認は出来ません)ご希望の場合は、ご注文の際にお申し付けください。原料米・麹:新潟産高嶺錦原料米・掛:新潟産高嶺錦使用酵母:特殊培養大吟醸用酵母精米歩合:50%アルコール度:15.5度日本酒度:+1.0酸度:1.6アミノ酸度:1.4仕込み水:菅名岳天然水産地:新潟県 新潟市杜氏:越後杜氏:高杉修醸造元:今代司酒造株式会社  この新聞付き名入れ酒は「幻の酒」完全オリジナル商品です。 各種特許,実用新案の取得済み(実用新案登録証:3150913号)です(引き続き、国際特許取得に向けて調整中)。また通信販売による商業利用として掲載する新聞におきましても、新聞に掲載の写真・企業広告についても知的財産使用権、著作権を全て調査し読売新聞社、他と著作権関係者全てと契約を行い許諾を取得しております。 用途:【還暦】【還暦祝】【還暦祝い】【古稀祝】【喜寿祝】【傘寿祝】【米寿祝】【白寿祝】【父の日】【母の日】【敬老の日】【御歳暮・お歳暮】【御中元・お中元】【暑中御見舞】【残暑御見舞】【御年賀・お年賀】【御祝い・お祝い】【内祝い】【御礼・お礼】【祝延寿】【敬寿】【結婚祝】【結婚記念日】【引き出物】【出産祝】【寿】【贈り物】【贈答】【記念日】【お誕生日】【お返し】分類:【日本酒】【お酒】【酒】【清酒】【新潟】【地酒】【高級】【限定品】【金賞】【食前酒】【食中酒】【芳醇】【辛口】【旨口】【包装・ギフトラッピング】【熨斗・のし】【誕生祝】【オリジナルラベル】【名入れ】【メッセージラベル】【金粉入り】【金箔入り】【桐箱入り】【木箱入り】【特別な記念日に】【日本酒通の方へ贈る】【友人との語らいに】【お世話になったお礼に】【お急ぎOK】【正月】【敬老の日特集2008】古希・喜寿祝いに贈る特別な純米酒 古希の歴史 長寿社会となった今、70歳といってもそれほど長生きとは感じない方が多いのではないでしょうか。しかし、昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。その習慣が日本にも伝わり、次第に寿命が延びていった後も、還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、室町時代の頃ではないかとされています。 古希の由来 「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。これは、古の中国の詩人・杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。 『人 生 七 十 古 來 稀』 しかし、この言い回しははるか昔からあったという説も…。現に、古代中国に生きた思想家・孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります。とはいえ、日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました。そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。かくして古希を祝う習慣は、杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。 古希のお祝いは 還暦のお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希では、「紫色」がキーワードとなります。では、なぜ「紫色」なのでしょう。 実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。 この新聞付き名入れ酒は「幻の酒」完全オリジナル商品です。各種特許,実用新案の取得済み(実用新案登録証:3150913号)です(国際特許取得に向けて調整中)。また、通信販売による商業利用として掲載する新聞におきましても、新聞に掲載の写真・企業広告についても知的財産使用権、著作権を全て調査し読売新聞社、他と著作権関係者全てと契約を行い許諾を取得しております。 ▼記念日新聞付き名入れ酒(還暦・記念ギフト)▼記念日新聞付き名入れ酒(傘寿・米寿)還暦・結婚記念のお祝いには… 還暦・退職のプレゼントには赤色の名入れラベルをどうぞ。傘寿・米寿のお祝いには…傘寿・米寿のプレゼントには黄色の名入れラベルをどうぞ。

扱っているお店は、幻の酒 さんです.



他にもオススメがあるョ!!!
ィマ専用フロアマットフロント分割
対応_東海】【あす楽対応_近畿】
鶯梅(おうばい)梅酒 1.8L

楽天市場にあった!ステキプロダクツ!!

楽天ウェブサービスセンター

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。